読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人ふるさとつなぎのブログ

ふるさとつなぎは「農漁村のまちづくり」と「広報物の製作」の2軸で事業に取り組んでいます。

地方への移住の本音

 

f:id:kobu965296:20151222101803j:plain

 

9日は朝から飯南町島根県中山間地域研究センターで打ち合わせに参加。その後出雲市役所へ。夜は、出雲市大社支所へ。1月24日にある「大社まちづくりフォーラム」の実行委員として招集していただいたためです。それぞれに想いやキャリアのある諸先輩方が実行委員にいらっしゃいました。勉強になります!

 

=======================================

f:id:kobu965296:20151222101823j:plain

松江のくにびきメッセにて、島大主催の「しまね大交流会」でした。お声がけいただき、ブース出展しました。
イベント自体には企業など240団体が出展、1000人が来場とのことでした。

ふるさとつなぎブースですが、島大生会員の川端さんだけでなく、数日前から鵜鷺に滞在している東京の石井さんにもがっつり手伝っていただきました(^_^;)

新たな出会いだけでなく5~6年ぶりの懐かしい再会も多々ありました。

 

=======================================

 

f:id:kobu965296:20151222101842j:plain

13日は、東京からの移住検討者の方の案内最終日でした。滞在期間の4日間、半分は清水の仕事に付き合っていただくような形でしたが、鵜鷺の住民や行政の方をはじめ多くの方をご紹介できました。
今回の方は、何度も島根に来てくださっていて、鵜鷺だけでも3回目。来られるたびに、こちらも色々なことを学ばせていただいています。

15日は、午後から松江へ。島根大学である会議に参加したあと、5年ぶりの松江市役所へ。声をかけていただき吉山副市長のもとにお邪魔してきました。

写真は、上記の東京の方の絵。地元の方の家に飾られています。

 

=======================================

 

f:id:kobu965296:20151222101948j:plain

最近、過去にふるさとつなぎのツアーに参加された方で島根に移住した人や、これから移住を考えている人と、がっつり深い話をする機会が多くありました。

移住を決めるにいたった背景などに関する「ぶっちゃけ話」も色々聞けました。

それらは、表面的に「なぜ移住しましたか?」と聞いてもわからない事ばかり。こうした「本音」の部分を知らないままつくられた移住推進施策や、人材募集などは空回りになってしまったりどこかピントがずれてしまったりすることもあるように思います。...
もちろん、地域側の実情や需要を知ることも大事です。

人と話すことを楽しみながら、日々地道に謙虚にやっていきたいです。

さて、16日・17日も目まぐるしい日でした。写真は、奥出雲にて!

 

=======================================

 

f:id:kobu965296:20151222102536j:plain

19日は午前多伎へ。午後は鵜鷺に出雲市役所の若手職員有志の皆さんが鵜鷺に来てくれました。
今回、縁あって声をかけていただき、ふるさとつなぎの取り組みなどを紹介する機会をいただきました。
その後、地元の方々にもご参加いただき鍋を囲んでの懇親会。
市役所の方々と私服でざっくばらんに交流でき、立場の垣根を越えて繋がることができました。

こうした若い職員さんによる活動も始まり、出雲市も少しずつですが、もっと面白くなっていきそうな気がしました。