読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人ふるさとつなぎのブログ

ふるさとつなぎは「農漁村のまちづくり」と「広報物の製作」の2軸で事業に取り組んでいます。

冬の出雲で生まれた温かいご縁。「島根ぐらし体験ツアーin出雲・冬」が無事終了!

「島根ぐらし体験ツアーin出雲・冬」が、多くの感動を生みながら無事終了しました!
関東や関西などからご参加の皆さまが、鵜鷺で1泊・佐田で1泊という3日間。


たかがツアーと思われるかもしれませんが、
多くの皆さまのご協力で成り立っています。
.

地元の両地区のおじいちゃん・おばあちゃん・地域づくり実践者の方々・漁師・猟師・UIターンの方々。

学生含むスタッフも部分的な参加含め総勢15人以上。
他にも、2日目の交流会には各地から様々な分野の素敵な方々が駆けつけてくれました。

準備段階や告知を協力してくれた方、応援してくださる行政の方など。
本当に有難いことです。


さて、ふるさとつなぎの過去のツアーも含めてUIターンを考える方も多く参加してくれましたし、実際に移住した人も多いです。
しかし、移住だけが島根との関わり方ではありませんし、参加者に移住を「勧める」つもりも毛頭ありません。

様々な目的で参加してくださった方、それぞれの人生に何かしらツアーでの
出会いや経験が何かプラスになればいい。
そして、いつか何かの形で、島根と繋がってくれたらいい。

だから、今回も参加者の方々と「鵜鷺や佐田」「出雲」「島根」との
ご縁が長い目で見て、末永く続いていったらいいと思っています。


写真1:最後の集合写真!

 

写真2:鵜鷺での2日目午前コース選択のうちのひとつ「火鉢トーク」。火鉢を囲みながらイカの一夜干しや銀杏、板わかめなどを炙って食べつつ地元の人と談話します。「おばあちゃんの昔話火鉢」や「Iターン者の本音火鉢」など。

 

写真3:2日目の佐田での交流会の様子。古民家「一縁荘」でジビエ料理を楽しみつつ
参加者と、佐田の方、出雲市内で活躍する様々な分野の方、島根へのUIターン者といった皆さんでの交流。とても盛り上がりました!尚、1日目の鵜鷺での交流会は、アワビや魚など地元の海の幸をふんだんに使った料理を囲みながら地元の様々な立場の素敵な方々と交流しました。 

     

 

f:id:kobu965296:20160223042102j:plain