NPO法人ふるさとつなぎのブログ

ふるさとつなぎは「農漁村のまちづくり」と「広報物の製作」の2軸で事業に取り組んでいます。

「多伎のウォーキングマップ」&「うさぎの楽校2016・春」

多伎のウォーキングマップ

多伎町でご依頼をいただいて、ふるさとつなぎが製作を担当していた「ウォーキングマップ」!(写真は製本前)

多伎町は28年度はもっと踏み込んだ形でご一緒できそうなので、ウォーキングマップを機に地元の方と縁が深まったり、地域のことを勉強できたのはよかったです。

「いちじくの里多伎きらりプロジェクト」さんとご一緒し作成しました。地元の方で選定されたコース。
歩いたりヒアリングして調査させていただき、イラストはふるさとつなぎ会員でもあり関東在住の渡邊陽子さん。地図作製は清水未季子さん。

多伎といえば、道の駅近辺を中心に海辺の印象が強いですが、川沿い、史跡、農村など素敵な場所がたくさん。車を降りて歩いてこそ、わかる魅力を是非知っていただきたいです!

 

f:id:kobu965296:20160325224409j:plain

 

=======================================

うさぎの楽校2016・春

ふるさとつなぎが拠点を置く鵜鷺地区は高齢化率も高いです。

一方で、集落でご一緒する方は貴重なご経験をされてきた方、
凄い技術を持っておられる方などなど「達人」とも呼べる方だらけです。

そんな達人の皆さんと、普段話す中でもらう感動を
ほかの人にも伝えたい、との想いもこめ
「うさぎの楽校2016・春」を1泊2日で開催しました!

 

メインとなる企画は、地元の方から「海」をテーマに
お話を聞かせていただくというもの。
漁師さんグループ、世界中を周った元船乗りさんグループ、
おばあちゃんグループ、塩づくりグループの4班に分かれ、
お話を聞きました。それぞれに盛り上がったようです。

前後で、まち歩き(鵜峠班・鷺浦班)や地元食材料理を囲んでの
交流会も行い、宿泊は「夢の森うさぎ」のコテージへ。

松江・出雲中心に20~60代の方にご参加いただきました。
縁あって東京・大阪・広島からお越しの方も。
料理の準備も、地元の方や様々な仲間にご協力いただきました。
ありがとうございます。

追伸
うさぎの楽校に関する下記の4枚の写真撮影者は矢田恭彦さん

f:id:kobu965296:20160325225000j:plain


=======================================