読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NPO法人ふるさとつなぎのブログ

ふるさとつなぎは「農漁村のまちづくり」と「広報物の製作」の2軸で事業に取り組んでいます。

「インターン」&「おもしろい食文化」

先月、ある知り合いの大学生が「ふるさとつなぎでインターンシップをさせてほしい」と言ってきました。

聞けば、将来まちづくりに携わる仕事がしたいので、清水の普段の行動に同行したいとのこと。僕はとっさに「やめといた方がいいんじゃない?笑」と言いました。

インターンするなら、うちみたいな荒削りな所よりも、もっと受け入れ体制のある団体や企業にしたら?」と。 しかし、それでもその学生は来たいと言ってくれました。
同行する中で、人と出会い、そこから学んでいきたいとのこと。

 

そんなわけで、受け入れさせてもらうことにしました。インターンと言っても、その学生が授業ない日や休日で、来たいときに来てくれて清水と行動を共にするというぐらいのスタンスです。

.

まずは第一弾として、6月1日の昼から2日の朝まで来てくれました。
(出雲までは電車なので交通費、そして宿泊費を持ちだしてまで来てくれた)

この日は、大社での打ち合わせや会議、鵜鷺での打ち合わせや漁師さんとのお話まで。面白い人たちに会え、終わってみれば非常に有意義だったようでした。そして、受け入れるこちら側も、学ぶことが多かったです。今後もちょくちょく来てくれそうです。

 

f:id:kobu965296:20160603144836j:plain

写真右がその大学生のK君

 

=======================================

 

 

 f:id:kobu965296:20160603144500j:plain

↑話が前後しますが、5月31日も多伎で諸々。農学博士の吾郷先生に同行しての高齢者の方への食文化の聞き取りもありました。アメフラシ(ウミシカ)料理の話や、海藻(スガモ、フノリ、ソゾ、ムカデクサ、カタノリ、ジンバソウ、アオサ、カジメ、モズク、ワカメ、テングサ)の話が特に興味深かったです。

 

 

f:id:kobu965296:20160603144905j:plain

2日も午前は多伎。その後鵜鷺で来客対応など。写真は多伎町の花ショウブとアジサイ